風景写真家 青木写真事務所

〒370-0601 群馬県邑楽郡邑楽町鶉153-6  
北関東から東北を中心に撮影中 群馬 福島 宮城 山形 長野 山梨 新潟

風景写真家 青木克純

 
トップページへ
青木 克純プロフィール
フォトギャラリー
出版物のご案内カメラのテクニック講座

ツアー・イベント情報
お問い合わせ・メールはこちら
リンク集
デジタル一眼レフカメラの使い方や撮影テクニックをここで紹介してまいります。
毎月1日と15日更新予定です。※質問等があればお気軽にお問合せからご質問下さい。

東北・蔵王風景写真  
 
 

  11月の声を聞くと秋も深まり、朝晩の冷え込みも厳しくて、本格的な冬に向かっての
  用意をしはじめる今日この頃です。




 Q : 11月中旬頃、箱根に旅行で出かけるのですが紅葉を綺麗に撮るこつを教えて下さい。
   
    

 A : 紅葉の色を撮るのには次の方法があります。
   

 ○ 露出を変える

 ○ 光線を選ぶ


  写真1と2はイタヤカエデの露出を変えて撮ったものです。イタヤカエデのように黄色い葉の場合は
  明るめの露出の方が色映えが良いと思います。
  その逆に写真3のような赤い葉の色の場合は少し暗めの方が赤い色が深く出てよい色になります。

  写真4の場合は逆光線で葉を透かして撮影しました。特に黄色い葉の場合は一段と良い色になるでしょう。
  最後の写真5の場合は影の中にスポット的に光線を入れて撮影しています。
  
  このように光線を工夫して撮るとよいでしょう。晴れた日に順光線で撮っていただけではどれも同じような
  ベタッとした作品になってしまうので避けたほうが良いと思います。



 
  



 





QA過去記事


2014年の記事