風景写真家 青木写真事務所

〒370-0601 群馬県邑楽郡邑楽町鶉153-6  
北関東から東北を中心に撮影中 群馬 福島 宮城 山形 長野 山梨 新潟

風景写真家 青木克純

 
トップページへ
青木 克純プロフィール
フォトギャラリー
出版物のご案内カメラのテクニック講座

ツアー・イベント情報
お問い合わせ・メールはこちら
リンク集
デジタル一眼レフカメラの使い方や撮影テクニックをここで紹介してまいります。
毎月1日と15日更新予定です。※質問等があればお気軽にお問合せからご質問下さい。

東北・蔵王風景写真  
 
 

  一月近くかかった桜旅もカメラやパソコンの故障やデータ消失の無事故などの色々な出来事と共に
  無事事務所に帰って来ました。そんなわけで5月1日のQ&Aはお休みさせていただきましたが
  5月15日分から再開させていただきます。




 Q : 以前フィルムカメラを使っていましたが今のデジタルカメラは液晶画面など、どうも
    使いづらいので以前のようなダイヤル式のカメラを探しています。
   フジのX-T1(写真1) というカメラは如何でしょうか?

 A : とても良いのではないでしょうか!
   今の家電製品としてのデジタルカメラにはない高級感と堅牢性を感じる作りは以前の
   ライカやニコンのような精密機械と言うカメラのイメージです。

 さてこのカメラで撮影するのですがこのカメラの特徴はミラーレスカメラということです。
 まだ私はミラーレスカメラを使ったことがないのですがミラーレスカメラの不安点を上げると・・・
 ファインダーの速写性とバッテリーの消耗具合。夏場の加熱によるトラブルです。
 しかしこの点は使って見なくては判らないのが現状です。

 良い点は・・・軽くて小型。ダイヤル式の使いやすさ。写りの良いフジのレンズ群が使えること。
  カールツァイスのレンズも使用できます。(写真2)
 しかし18-200mmというような高倍率レンズがないので動いている被写体をレンズ一本で
 追うのは難しいでしょう。

 全体的には高性能なレンズをそろえた、本格的なカメラの印象です。
 値段は10万円以上と少し高い印象ですが中身を考えると手ごろな価格だと思います。
 ニコン、キャノンとは違った撮影ポリシーを感じるカメラだと思いますね。








QA過去記事


2014年の記事