風景写真家 青木写真事務所

〒370-0601 群馬県邑楽郡邑楽町鶉153-6  
北関東から東北を中心に撮影中 群馬 福島 宮城 山形 長野 山梨 新潟

風景写真家 青木克純

 
トップページへ
青木 克純プロフィール
フォトギャラリー
出版物のご案内カメラのテクニック講座

ツアー・イベント情報
お問い合わせ・メールはこちら
リンク集
デジタル一眼レフカメラの使い方や撮影テクニックをここで紹介してまいります。
毎月1日と15日更新予定です。※質問等があればお気軽にお問合せからご質問下さい。

東北・蔵王風景写真  
 
 

  梅雨が明けると今年も暑い日が続きます。とても暑い日は海や山に避暑に行きながら撮影を楽しみましょう。
  ちなみに私は水着を購入しました。




 Q : 鳥の写真や遠くの花を撮る場合に手持ちの200mmのレンズではあまりアップに出来ません。
    望遠レンズの購入を考えていますが何ミリくらいの望遠レンズが必要ですか?

 A : 特に鳥やスポーツ写真を専門で撮るのではないのなら、超望遠レンズは必要ありません。

  確かに撮影していると、もっと近づけないかなと言う時がありますがその為に高価で大きな
   望遠レンズを持ち歩くのは如何なものでしょうか。

  300mm以上の望遠レンズは大きい上に手振れを考えると三脚も必要になりますので、思った
  よりも撮影時の負担が増え機動力が低下してしまいます。

  たまに必要だと言う程度ならば200mmで撮影した画像をトリミングして、アップにする方法をお勧めします。



 写真1はコマクサを200mmで撮影したものですが立ち入り禁止の場所なのでこれ以上近づくことは出来ません。
  でももっとアップにしたいと言うのならば写真2のようにトリミングで対応しましょう。この程度ならばほとんど
 画質に影響はありません。

 写真3はニコンで発売している200〜400mmのズームレンズですが大きい上に100万円と高価です。

  撮影時には無駄な物はなるべく持たない様にして、身軽に撮影に専念しましょう。

br />



QA過去記事


2014年の記事