風景写真家 青木写真事務所

〒370-0601 群馬県邑楽郡邑楽町鶉153-6  
北関東から東北を中心に撮影中 群馬 福島 宮城 山形 長野 山梨 新潟

風景写真家 青木克純

 
トップページへ
青木 克純プロフィール
フォトギャラリー
出版物のご案内カメラのテクニック講座

ツアー・イベント情報
お問い合わせ・メールはこちら
リンク集
デジタル一眼レフカメラの使い方や撮影テクニックをここで紹介してまいります。
毎月1日と15日更新予定です。※質問等があればお気軽にお問合せからご質問下さい。

東北・蔵王風景写真  
 
 

  朝晩も涼しくなりすっかり秋になりました。先日利根川に石拾いに行きましたが河原では

  多くの人が秋晴れの中バーベキューを楽しんでいました。私はその臭いをかぎながらコンビニのお弁当です。




 Q : お花が好きで花の写真を多く撮っていますがどれも同じようで詰まらなくなってしまいました。
    どうすれば感動的なお花の写真が撮れるのでしょうか?
    

 A : 花だけを撮っていてはだめです。貴方だけの花の魅力を撮りましょう。
   

  写真1のようにコスモスの花をアップで撮影される方が多いと思いますが確かに花の様子は
  良くわかりますがそれだけです。 このような作品はどなたでも撮られると思います。
 厳しい言い方をすれば咲いている花の魅力に頼りきりの作品。
   

  写真は被写体の花を写し取事はできますが花の全てを写し取る事は出来ないので、咲いて
 いる生の花を見ているような感動までは写し取ることは出来ません。 見たままに撮っていたの
 では見たときの感動までは表現できないのです。

 可愛らしい花に出会ったときのイメージを写真にしましょう。

  写真2は雪解けの頃の暖かい春の様子を表現していますし、写真3では高原の肌寒い秋を
 感じさせる表現にしています。
  このように花と出会ったときの印象が大事です。
  



 

br />



QA過去記事


2014年の記事